千早図書館 SDGs関連図書展示「SDGsをまなぶ」(12.つくる責任 つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を)のお知らせ

掲載日
2024年1月31日

令和2年に内閣府より、SDGsへの優れた取組を行う自治体として豊島区が選定され、区として様々なSDGsに関する事業を展開しています。

SDGs(エスディージーズ)=Sustainable Development Goalsとは日本語にすると「持続可能な開発目標」という意味で、地球上に存在する様々な問題(貧困や不平等、格差、気候変動など)を根本的に解決することを目指し、17個の目標が国連サミットで決められました。

千早図書館では、SDGs関連の特別展示を行っています。

今月の特集テーマ展示期間 令和6年1月27日(土曜日)から令和6年2月25日(日曜日)

「SDGsをまなぶ」(1階特設コーナー)

千早図書館に設置された展示コーナー「SDGsをまなぶ」では、17個の目標を月替わりで紹介していきます。

今月の展示テーマは「12.つくる責任 つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」

年間1000万トン。そう聞いて、何の数字のことか分かりますか?
日本のプラスチック消費量のことです。
それは、ポリ袋など便利な物に変化して私たちの生活に密着しているものと言えるでしょう。
しかし、近年ではそれらの一部が海や川に捨てられて社会問題になっています。
SDGsではそうした問題にも積極的に取り組んでいます。
千早図書館では脱プラスチックはもちろん、環境、気候変動に関する本を展示しています。

また目標17は、目標1~16を達成するために相互に協力することを目指したものです。
国と国、国と企業、専門家、個人がパートナーシップを結び、問題解決に向けて力を合わせることが重要です。
発展途上国への支援についての本や、公民連携などについての本を展示しています。

ぜひ千早図書館においでください!

 


 問い合わせ先:
 豊島区立千早図書館  電話 03-3955-8361